山形県寒河江市デイサービス・在宅療養・在宅療養支援・在宅介護・リハビリテーション・自立支援

なごみ指定居宅介護支援事業所 介護支援専門員


私は、「なごみ指定居宅介護支援事業所」で介護支援専門員、通称ケアマネをしています。
ケアマネとは、介護を必要とする方の相談に乗り、最適なケアが受けられるように総合的なコーディネートやマネジメントをする役目です。その人ひとりひとりにぴったり合うように、多種多様な介護サービスの組み合わせを利用者様やご家族と共に考え、計画し実行してもらい、それが効果的に活かされているかを追っていき、利用者様が元気に生活できるお手伝いをする仕事です。介護サービスの調整以外にも、一人暮らしの方が自宅で生活し続けられるためのフォローや、介護生活上のご家族のお悩み相談、市町村やNPOや民間の様々なサービスの把握をすることでの紹介など、制度の枠を飛び越えた知識や行動力が必要です。




ケアマネの詳しい業務内容は、このHPの当事業所のページを読んでいただければわかると思います。それが仕事の大部分を占めていますが、それ以外にも様々な活動をしております。認知症を一般の方々に広く理解してもらい、みんなが安心して生活できる輪を作るための全国的な組織「認知症キャラバンメイト」に、会社代表として参加しております。
そして、各地区で開催される「認知症サポーター要請講座」に講師として参加し、少しでも認知症やそれをとりまく現状をわかっていただけるように活動しています。また、趣味で役者もしているので、山形県の介護人材確保等事業の介護ドラマDVDに介護職員役で出演するなどしています。このような、本業とは違った活動にも積極的に参加するよう、会社が後押しをしてくれるのが、大変ありがたいです。


ケアマネ業務に関しては、元々おじいちゃんおばあちゃんとお話をするのが好きなので、お会いして会話をするだけでも楽しいです。
また、利用者様の体調急変時などは、介護サービスの変更や見直しを大急ぎでしなければならないのですが、これまでの経験や知識を総動員して、様々な事業所さんと協力しながら乗り切った時は、かなりの達成感と充実感を得る事ができます。ケアマネの出番がさほどない利用者様もいらっしゃいますが、それは利用者様が元気で過ごせているという証なので、それはそれで嬉しい事です。
また、他事業所の介護スタッフさんやケアマネさんとも会う機会が多く、そんな時に近況報告や業務上の質問をしあえるのも、刺激を受け取ることができて楽しいですね。時には、「認知症サポーター要請講座」において、他事業所の方や警察官、市や薬局の職員さん達と認知症に関する演劇をしたり、一緒に踊ったりもします。寒河江市の地域性がそうさせているということもありますが、何でもありな業務を日々楽しんでおります。


私は株式会社多田に就職し、はじめはデイサービスの生活相談員を7年間経験しました。会社設立後間もない入社だったので、デイサービス運営のために必要な業務はほとんど経験したと思います。契約、担当者会議、書類作成、ほかの事業所との連絡調整、送迎計画と送迎、昼食の準備、請求、勤務表作成など、全てがはじめての経験でした。そんな中でヘルパーや社会福祉士やケアマネの資格を取得し、8年目にケアマネとして異動となりました。
ケアマネ業務はデイサービスでの経験が大変役に立ち、おかげさまで多くの利用者様に関わりながら、忙しくも楽しく働いております。 私は元々福祉系の学校は卒業しておらず、社会福祉主事の資格だけを持った状態で入社したド素人でした。そんな私を会社は、資格取得の研修などの際も快く了承してくださり、ここまで成長させていただきました。次は主任ケアマネとなるべく、日々業務にあたっています。 こんな畑違いの者でも頑張れる環境の会社だと思います。
就職活動は大変だと思いますが、「私は専門的な勉強してこなかったから…」などと尻込みせず、「入社してからでも私は成長してみせる!」という強い意志を持って挑んでいただけたら幸いです。





↑ PAGE TOP